今話題になっている日本文学全集の漫画化ですよ〜〜〜〜〜。
私は、有島武郎の「或る女」をまず漫画化させていただきました。おもしろかったですよ!!!

明治時代に、新しい考え方をもって自分流の愛の形をつらぬいた葉子という女性の、男性遍歴ドラマです。
皆さんぜひぜひ読んでやってください。発売中です。

9月には伊豆の踊子も出ます。こちらも楽しく描きました。(画像はこちらをクリック)
そして今は、知る人ぞ知る「金色夜叉」に取り組んでいます。

井出 智香恵
或る女  
アルオンナ
著者:井出 智香恵  
原作:有島 武郎  

■ISBNコード: 978-4-8342-6317-6
■判型/総ページ数: 文庫判/224ページ
■定価: 550円(税込)
■発売年月日: 2010年8月10日
■発行元: ホーム社

■内容紹介
葉子は19歳で結婚したが、2か月で離婚。新たに婚約するものの別な男と激しい恋に落ちてしまう…。明治の世を奔放に生きた女性の激動のドラマ。